高精度なセラミック製技工物を低コストで
~ クラレノリタケインストラクター~

東京文京区の歯科技工所「株式会社フィールデンタルラボラトリー」には、クラレノリタケデンタル株式会社が認定した「クラレノリタケインストラクター」が2名在籍しています。

クラレノリタケインストラクターに認定されると、株式会社クラレノリタケデンタル株式会社が販売するジルコニアの技術指導が行えるようになり、「デンタルショー」や「実習セミナー」の講師として講演会を開くことも可能です。

ジルコニアは新素材であり、導入事例がまだ少ないことから不安を感じる方もいますが、クラレノリタケインストラクターは素材に関する正しい知識を備えているため安心です。当社では2人のクラレノリタケインストラクターの存在によって、素材やシステムが持つパフォーマンスを最大限に引き出すことができます。こちらのページでは、当社のクラレノリタケインストラクターをご紹介します。

クラレノリタケインストラクター

冨田 佳照
名前 冨田 佳照
経歴 1998年
東京医科歯科大学部付属歯科技工士学校実習科 卒業
恵愛歯科西口診療所勤務

2003年
青島ゼミ受講

2004年
フィールデンタルラボラトリー開業

2006年
東京医科歯科大学部付属歯科技工士学校 ポーセレン実習担当非常勤講師

2007年
クラレノリタケデンタル株式会社インストラクター
クラレメディカル株式会社 エステニアC&B インストラクター

2008年
株式会社フィールデンタルラボラトリー 設立
郷田 なつ美
名前 郷田 なつ美
経歴 2010年
東京医科歯科大学部付属歯科技工士学校本科 卒業

2012年
東京医科歯科大学部付属歯科技工士学校実習科 修了
フィールデンタルラボラトリー 勤務
ポーセレンチームに配属

2014年
クラレノリタケデンタル株式会社インストラクター

PCによる画像解析によって実現する高レベルのシェードテイキング

セラミックの歯や入れ歯を作製する際には、シェードテイキング(色合わせ)が必要です。当社では、通常のシェ-ドガイド(実際の歯の形をしたセラミック製の色見本)によるシェードテイキングに加え、デジタルカメラで歯の写真を撮影してPCによる画像解析を行っています。

PCによる画像解析によって実現する高レベルのシェードテイキング

写真をPC上で合成し、彩度・色相などさまざまな観点から色合いを解析することにより、勘や経験則だけに頼ったシェードテイキングでは実現できなかった患者様の希望にそう高レベルの技工物を作製できます。

これまで多くの技工物に携わらせていただいて、ここに来てより質の高い技工物を提供するためには、やはり「シェードテイキングは欠かせない工程である」というひとつの結論に達しました。
効率だけを考えるとシェードテイキングで医院へお伺いすることはデメリットです。
しかし、すべては患者様の笑顔のため、原点に立ち返り、これまでより一層医院へ訪問させていただいてのシェードテイキングに注力出来るよう、体制、設備ともに整えていく予定です。

自然で美しい見た目と、適合性の高さが魅力クラレノリタケ カタナシステムのご紹介はこちら